第19回大会

2013 年 12 月 13 日 コメントはありません

第19回大会 2013年(平成25年)8月21日 参加校22校

タイトルおよび発表内容要旨 (上位入賞者を除き発表者氏名50音順)
※氏名・所属・学年は発表当時

優勝/日本代表 – 臨床部門 第1位:王 碩,岡山大学歯学部,4年生

なぜ煙草をやめると太るのか?

煙草の主成分であるニコチンは、交感神経系への薬理作用を示し、交感神経の神経伝達物質であるノルアドレナリンは摂食を抑制すると考えられている。われわれは「煙草をやめると太る」機序を明らかにするため、シナプス間隙でノルアドレナリン量の調節に重要なノルアドレナリントランスポーターに着目し、ノルアドレナリントランスポーター発現に対するニコチンの影響をラットおよび培養細胞を用いて検討した。その結果、ニコチンは、短期的にはノルアドレナリントランスポーター発現を増加させるが、長期的には減少させるという二相性の効果を示すことが明らかとなった。これは、慢性的な喫煙はノルアドレナリントランスポーター発現を抑制し、シナプス間隙のノルアドレナリンを増加させることにより摂食を抑制しているが、禁煙はニコチンによるノルアドレナリントランスポーター発現抑制作用を解除することになり、シナプス間隙のノルアドレナリンの減少による摂食量の増加を介して、体重増加に繋がる可能性を示すものである。さらに、ニコチンはノルアドレナリントランスポーター転写活性には影響しないことから、その作用点として転写後修飾に関与することが示唆された。

準優勝 – 基礎部門 第1位:坂本 真一,広島大学歯学部,6年生

Porphyromonas gingivalis (P.g.)の歯性感染によって非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の病態が増悪する
- 肝臓に到達したP.g.-LPSやP.g.が肝細胞に与える影響 -

肥満者の脂肪肝から発症する非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)は、肝硬変や肝癌へと進展するため重大な健康問題である。私の研究している教室では、高脂肪食(HFD)誘導脂肪肝モデルを用い、P.g.歯性感染がNASHの炎症、線維化、脂肪沈着などを増悪することを報告した。私は、歯性感染病巣から侵入したP.g.P.g.-LPSが肝細胞に作用し、これらの変化に関与すると考え、P.g.P.g.-LPSが肝細胞に及ぼす影響を調べた。①P.g.-LPSの影響:脂肪化肝細胞ではP.g.-LPSの受容体であるTLR2発現が著しく上昇し、IL-1b, IL-6, MCP-1などの炎症性サイトカインが過剰に産生され、炎症や線維化が進行する可能性が示唆された。②P.g.感染の影響:P.g.は肝細胞に感染・侵入した。特に脂肪化肝細胞ではP.g.感染数が増加した。また、P.g.感染によって肝細胞の脂質代謝関連受容体(LDLR、LRP1)の発現が増加し、脂肪の取り込みを促進する可能性が示唆された。
以上、P.g.P.g.-LPSは肝細胞のサイトカイン産生や脂質沈着を促進し、NASHの病態増悪に関わることが明らかとなった。

臨床部門 第2位:岡部 佑妃子,日本歯科大学生命歯学部,5年生

新たに考案した歯肉血流測定法と歯肉マッサージによる血流量の変化

歯ブラシによる口腔清掃はプラークを除去だけでなく、歯肉の血流促進を期待した歯肉マッサージ効果もあると考えられている。そこで、歯肉マッサージの効果を報告した文献検索したところ、レーザードップラー血流計で歯肉血流量を測定しているものが多かった。しかし、その測定法の再現性には疑問があった。
そのため、まず、レーザードップラー血流計の測定プローブの固定法を自身で考案し再現性を検討することにした。素材の違う3種類の固定法;(1)スポンジ、(2)箸、(3)シリコン印象材で測定プローブを固定したところ、最も再現性の得られたのはシリコン印象材を使用した固定法であった。次に、6名の被験者に市販されている3種類の専用歯ブラシと自身の指で歯肉マッサージを行ってもらった。そして、レーザードップラー血流計とシリコン印象材を使用した固定法を用いて最も血流促進効果の得られる方法を検討した。その結果、専用の器具を使用すると個人差が大きく、むしろ自身の指で歯肉マッサージをする方が確実な血流促進効果を得られることが示唆された。

基礎部門 第2位:清水 綾,北海道医療大学歯学部,4年生

P.gingivalis由来LPSの長期刺激によるマラッセ上皮細胞のDNAメチル化

DNAのメチル化はエピジェネティクス修飾の一つであり、環境因子によって変化が引き起こされることがある。これまで主に悪性腫瘍で報告されてきたが, 最近になり悪性腫瘍以外の疾患での関与も報告されてきている。エピジェネティクス修飾の歯周病への関与も示唆されているが、その詳細はほとんど明らかになっていない。
歯垢中のリポポリサッカロイド(LPS)は、歯周病の発症や進行の主な原因である。DNAのメチル化は、環境因子の長期刺激によって引き起こされる。
本研究では、マラッセ上皮細胞をP.gingivalis由来LPSで長期間刺激することにより、p14、p15、p16、p53、IL-6およびIL-8のDNAメチル化に変化が起きているか否かについて検討した。
1ヶ月間、LPS(1μg/ml)で細胞を刺激すると多くの細胞が死に陥ったため、3日間LPSで刺激し3日間は刺激せず1ヶ月間培養を行った。このLPSによる長期刺激で、コントロールと比較しIL-6およびIL-8mRNAの有意な発現低下が認められたが、 p14、p15、p16、p53mRNA の発現に変化は認められなかった。メチル化特異的PCRで、コントロールと比較しIL-6遺伝子のメチル化は有意に上昇していた。
P.gingivalis由来LPSの長期刺激により、IL-6 遺伝子で、DNAの高メチル化が関与する可能性が示された。

井上 真紀, 九州歯科大学, 6年生

歯周病細菌貪食マクロファージの細胞死におけるβ-グルカンとデクチンの役割について

Gordonらにより、マクロファージや樹状細胞などの抗原提示細胞上にデクチン-1とよばれるβ-1,3グルカン受容体が発現されていることが報告されて以来、デクチン-1の自然免疫系における役割が注目されるようになった。近年、デクチン-1は、自然免疫制御という点で生体防御機能に深く関わっていることを示唆する報告が散見される。そこで今回、我々はデクチン強発現マクロファージを用い、in vitroの実験系にて、歯周病原性細菌A. actinomycetemcomitansを貪食したマクロファージに見られる変化を調べた。
MTT assayにて、デクチン強発現細胞がA. actinomycetemcomitansを貪食した後、コントロール細胞に比べ致死活性の低下が見られた。さらに炎症性サイトカインIL-1βの産生を検証したところ、デクチン強発現細胞では遺伝子発現の減少およびELISA 法にて産生低下が認められた。一方で、デクチン強発現細胞におけるインフラマソームの関与を検証したところ、関連遺伝子およびタンパクの発現減少が認められた。
以上の結果から、デクチン-1は、A. actinomycetemcomitans感染マクロファージで誘導されるインフラマソームの活性を抑えることにより、細胞死を抑制することが明らかとなった。さらに、A.actinomycetemcomitans感染マクロファージの細胞死がpyroptosisにより誘導されることが示唆された。

大河 里沙, 大阪大学歯学部, 4年生

翻訳制御による細菌必須遺伝子の解析

近年、歯科領域においても薬剤耐性菌の蔓延が懸念されており、新たな抗菌薬の開発が期待されている。これまで抗菌薬の標的として、細菌の生存に必須の因子が候補として挙げられてきた。必須遺伝子の解析に変異株を作製することは不可能であるため、特定の条件下において発現抑制が可能なコンディショナル変異株が供試されてきた。本研究では、これまで変異が不可能であったレンサ球菌の転写因子に着目した。レンサ球菌では、大腸菌や枯草菌で用いられる遺伝子発現のon/offシステムを必須遺伝子の解析に用いることは困難であった。そこで、リボスイッチによる翻訳制御機構に着目し、低分子化合物を認識する人工リボスイッチを染色体DNA上のプロモーター領域に組込み、低分子化合物の存在下で翻訳が行われるコンディショナル変異株を作製した。培養系から低分子化合物を除去し、転写因子の翻訳量を減少させたところ、レンサ球菌の生育は抑制された。電子顕微鏡による菌体の観察から、細胞形態の異常が認められた。これらの結果から、リボスイッチを用いた翻訳制御は必須遺伝子群の解析に有用であり、解析を行った転写因子は抗菌薬の標的になりうることが示唆された。

小澤 諒, 東京医科歯科大学歯学部, 6年生

充填方法と材料が根管充填の到達度や充填率に与える影響

根管充填において、根尖部の封鎖性や充填材の緊密度は治療の予後を左右する大きな要因である。本実験では、充填材料と充填方法の違いが根管充填材の根尖到達度や側枝への侵入度、根管充填率に与える影響について調べた。充填材量はガッタパーチャとレジン系充填材を比較し、充填方法は側方加圧充填法と垂直加圧充填法を比較した。結論として、根尖への到達度および根管充填率を向上させるには、メインポイントを加熱し、より細かい部分に根充材を到達させることができる垂直加圧充填法が有利である。レジン系充填剤はガッタパーチャと比較して、充填率と根尖孔到達度において有意差が無く、側枝到達度は高いため、より低温度で使用できるレジン系充填剤の方が、垂直加圧根管充填に適していると思われる。

梶原 里紗, 昭和大学歯学部, 4年生

咬筋運動ニューロンに対するシナプス入力の生後発育変化

摂食行動は、発育に伴い吸啜運動から咀嚼運動へと大きく転換する。この転換期には、口腔諸器官の生後発達とともに、顎運動を制御する中枢神経機構も大きく変化すると考えられる。我々は、閉口筋運動ニューロンへの興奮性シナプス入力が生後発育に伴い増加するという仮説を立てた。そこで本研究では、幼若期ラット咬筋運動ニューロンからパッチクランプ記録を行い、咬筋運動ニューロンに誘発される興奮性微小シナプス後電流(mEPSC)の生後発育変化を解析した。
記録ニューロンの膜電位を-70mVに保持した状態で膜電流を記録したところ、tetrodotoxin、SR95531およびstrychnine投与下でmEPSCが観察された。mEPSCの振幅は、生後2-4日齢から生後9日齢の間で有意に増加した。さらに、個々のmEPSCが発生する間隔は、生後2-4日齢から生後9日齢の間で有意に小さくなり、mEPSCの発生頻度が増加した。また、mEPSCの減衰時間は生後2-4日齢から生後9日齢の間で有意に短縮した。
以上の結果から、ラット咬筋運動ニューロンへの興奮性シナプス入力の強度と頻度が生後発育とともに増加することが示された。このような咬筋運動ニューロンへのシナプス入力の発育変化は吸啜から咀嚼の転換に関与する可能性が考えられる。

北中 祐太郎, 徳島大学歯学部, 5年生

genipinがヒト歯根膜細胞のIL-6産生に及ぼす影響の解析

【目的】IL-6は歯周炎の炎症性骨吸収に関与しているサイトカインである。TNF-αは炎症性サイトカインであり、ヒト歯根膜細胞(HPDLC)のIL-6 産生を誘導することが報告されている。genipinはクチナシに含まれる成分であり、様々な生理作用を有していることが報告されている。しかしながら、genipinがHPDLCに与える影響については不明な点が多い。そこで、我々はgenipinがHPDLCのTNF-α誘導IL-6 産生に与える影響について検討した。
【材料および方法】HPDLCのIL-6産生はELISA法にて、IL-6産生に関与しているとされるNF-κBp65のリン酸化についてはwestern blot法を用い解析した。
【結果および考察】genipinはHPDLCのNF-κBp65のリン酸化を抑制することにより、TNF- α誘導IL-6産生を減少させることが明らかとなった。IL-6は破骨細胞を活性化し歯槽骨破壊に関与していることにより、genipinを歯周炎治療に用いる事ができる可能性が示された。

國兼 勉, 神奈川歯科大学, 3年生

歯内治療とBRONJ発症の関係について

【問題点】ビスフォスフォネート製剤誘発顎骨壊死(BRONJ)は, 一般的な歯科疾患に関連すると言われているが、決定的な治療法は未だ確立されていない。今回我々は、BRONJ実験モデルを用いた歯槽骨変化を組織学的に検討した。
【方法】Ovariectomy(OVX)を行ったICRマウスに対しAlendoronateを投与した。BRONJ誘導法として実験的に根尖性歯周炎を誘導しマイクロCT解析と病理組織学的解析を行った。
【結果】病理組織学的解析では、臼歯咬合面を露髄後、根尖周囲歯槽骨には、形態が不明瞭な破骨細胞および、根尖孔周囲には多形核白血球を中心とした細胞の集積が見られ、さらに歯槽骨内の血管と骨小腔が減少し、骨小腔内に存在する骨細胞が萎縮および欠損していた。歯槽骨のマイクロCT解析により、根尖性歯周炎の病巣部位においては、OVX+BPsの群は、OVXの群に比べ、根尖相当部骨吸収面積の拡大が認められた。
【結論】本研究の結果より、骨粗鬆症に対する経口BPs 製剤の投与により根尖性および辺縁性歯周炎を発症した歯槽骨には、骨髄内の血液循環障害による骨細胞機能不全が誘導されている可能性が示唆された。

栗栖 諒子, 日本大学松戸歯学部, 4年生

納豆摂取による歯肉粘膜からの抗菌ペプチドの発現

生体の粘膜上皮や好中球から産生される抗菌ペプチドは自然免疫の一環として生体の免疫機構の重要な役目を果たしている。そうした抗菌ペプチドは口腔内では唾液や歯肉溝滲出液に含まれ、生体における感染防御機構の初期に誘導される自然免疫機構へ関与している。本研究で納豆の胃内投与により代表的な抗菌ペプチドであるα-およびβ-ディフェンシンそしてカテリジシンの発現が口腔粘膜組織にも認められたことから、発酵食品である納豆の摂取は腸管免疫機構を誘導するのみではなく遠隔局所へも効果的に誘導されることが確認できた。α-、β-ディフェンシンは抗菌活性を持つだけではなく血管新生能や樹状細胞、T、B 細胞を炎症巣に遊走させることで自然免疫機構から獲得免疫特機構へ誘導することが知られている。さらにカテリジシンはインフラマゾームを形成阻害することで抗炎症作用をもつことが知られている。腸管免疫機構から口腔免疫機構を誘導・活性化する機序は明らかになっていないが、口腔粘膜組織に抗菌ペプチドが効率的に産生され歯科疾患を予防することができれば重篤化して全身疾患を誘発することもなく、臨床の場における応用が一層期待出来ると考える。

小松 貴紀, 新潟大学歯学部, 4年生

Streptococcus mutansのバイオフィルム形成に対するフッ化物歯面塗布剤の効果

歯面塗布剤に含まれるフッ化物は、形成期におけるエナメル質の耐酸性増強作用やフルオロアパタイトの生成や再石灰化の促進作用などを持つことが知られているが、Streptococcus mutansに対する効果に関しては、未だ不明な点が多く残っている。そこで、フッ化物歯面塗布剤がう蝕病原性細菌S.mutansに及ぼす影響を解析した。ジェル状と液体のフッ化物歯面塗布剤を添加した96ウェルプレート、あるいはガラスボトムディッシュにブレインハートインフュージョン(1.0%スクロース含有)培地とS.mutans MT8148株菌液を加え一晩培養した。クリスタルバイオレッド染色剤や蛍光顕微鏡を用いた解析の結果、フッ化物歯面塗布剤の添加によりバイオフィルムを構成する生きたS.mutans菌の密度を疎にすることが示された。さらに、増殖曲線の結果から、液体のフッ化物歯面塗布剤は、S.mutansの増殖を抑制するが、ジェル状のフッ化物歯面塗布剤はS.mutansの増殖を抑制しないことが示された。本研究により、液体のフッ化物歯面塗布剤は細菌の増殖を静菌的に抑制すること、さらに、ジェル状のフッ化物歯面塗布剤はS.mutansにより形成されたバイオフィルムの固着を抑制することが判明した。

小森園 杏奈, 鹿児島大学歯学部, 4年生

CXCL3は脂肪分化を正に調節する

脂肪細胞はアディポカインと呼ばれる生理活性物質を分泌し、生理的な代謝制御や代謝性疾患の病態形成に関与することが知られている。脂肪細胞の産生するケモカインとしてCCL 2が報告されているが、その他のケモカインの分泌や役割についてはよく分かっていない。そこで脂肪細胞分化に伴う種々のケモカインとケモカイン受容体のmRNA発現量の変化を調べ、その役割を検討した。
マウス脂肪前駆細胞株3T3-L1細胞を分化誘導し、ケモカイン遺伝子群の発現量の変化を解析したところ、CXCL3、CXCL13のmRNA発現が脂肪分化に伴って著明に上昇した。またケモカイン受容体群では、CXCL3受容体であるCXCR2のmRNA発現が高くなった。リコンビナントCXCL3を添加しながら3T3-L1細胞を分化させると、脂肪滴形成や脂肪分化マーカー遺伝子の発現が促進した。
一方、CXCL3と同様にCXCR2のリガンドであるCXCL2、CXCL13を加えた場合、分化への影響はみられなかった。さらにCXCL3およびCXCR2のsiRNAによるノックダウンを行うと、脂肪細胞分化は抑制された。3T3-L1細胞へのCXCL3投与によって活性化されるシグナル分子を検討したところ、ERK、JNKがリン酸化され、ERKの活性化がC/EBPδの発現に影響を与えていることが示唆された。
このように脂肪細胞が産生するCXCL3は、オートクライン/パラクラインの作用によって、脂肪分化を促進する新規アディポカインである可能性が示唆された。

清水 志保, 日本歯科大学新潟生命歯学部, 5年生

ゴーヤによる口臭抑制作用の可能性

【問題点】近年人々の口臭に対する関心が高まっている。普段から私が飲んでいるゴーヤジュースには血糖降下作用や疲労回復効果があると言われている。そこでゴーヤに口腔内環境に与える影響があるか検証した。
【仮説】今回はゴーヤの抗酸化作用に着目し、口臭抑制作用もあるのではないかと考え、以下の実験を行った。
【方法】15%濃度のゴーヤ水を作成し水を比較対象として、一定の条件下で硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドをガスクロマトグラフィーで測定した。さらに、含嗽前後の口腔内の酸化還元値を測定した。
【結果】ガスクロマトグラフィーにおいて、すべての数値が含嗽直後に減少した。メチルメルカプタンは、含嗽20分後において、含嗽前に比べてゴーヤ水は23%回復したのに対し、水は126%になり、ゴーヤ水で含嗽した方が上昇程度は緩く、含嗽前の値を下回った。硫化水素の数値は、20分後ではどちらも同じように回復し、ほとんど変化がなかった。
【結論】ゴーヤ水を含嗽することにより、メチルメルカプタンを抑制することが示唆された。身近で安全な食物が口臭抑制剤になりうる可能性もある。

髙橋 謙次郎, 明海大学歯学部, 4年生

歯科矯正が及ぼす三叉神経への影響

矯正治療で生じる疼痛には有効な鎮痛手段がなく、歯の移動を制限しない鎮痛薬の開発が望まれている。本研究では、矯正装置装着で誘発される疼痛を定量評価可能な動物モデルを構築し、矯正装置装着が及ぼす三叉神経への影響を観察した。
ラットの上顎門歯と上顎右側第一臼歯を連結し矯正力を負荷した。負荷1(D1)、3(D3)、7(D7)日後に、左右の上顎第一大臼歯に電気刺激を与え、開口反射を誘発する刺激強度( 閾値)を測定した。
実験終了後、三叉神経節のサテライトグリア細胞(SGCs)活性を、glial fibrillary acidic protein(GFAP)免疫染色で観察した。
右側の開口反射閾値は左側に比較してD1で有意に低下し、D3で左右差は消失した。D7では開口反射閾値の左右差は消失、もしくは左側の開口反射閾値が低下した。両側三叉神経節においてGFAP 陽性SGCsに囲まれた神経細胞がD1で認められた。D7では、開口反射閾値の左右差が消失した個体ではGFAP陽性SGCsが観察されなかったが、開口反射閾値が逆転した個体では両側三叉神経節でGFAP陽性SGCsが観察された。
本モデルは矯正装置装着による疼痛感受性亢進を定量的に評価可能であり、疼痛感受性亢進には三叉神経節のS G C 活性が重要な役割を果たしている事が示唆された。

高橋 萌, 東北大学歯学部, 6年生

In vitro, in vivo試験によるセラミック系生体材料の血管形成への影響評価

骨欠損部における新生骨形成過程では、骨形成に先行して血管網の構築、改変が必要である。本研究では骨補填材である焼結ハイドロキシアパタイト(s-HA)とβ-リン酸三カルシウム(β-TCP)顆粒を用い、血管形成の影響、効果を検討した。in vitro試験では、ヒト血管内皮細胞と線維芽細胞の共培養系に、顆粒を同量、浸漬し、血管の長さなどの形態計測を行った。またin vivo試験では、ラット頭蓋骨の骨欠損部に、顆粒を同重量、移植し、パラフィン包埋標本を作製して、血管数、断面積を計測した。in vitro試験では、血管の長さ、血管分岐の数、血管面積は、焼結HAよりβ-TCP顆粒が有意に高かった。一方in vivo試験では、顆粒周囲の肉芽組織の血管は、焼結HAがβ-TCPに比べ、有意に血管数が多く、有意に血管面積が大きかった。以上のことから、焼結HAがβ-TCPに比べ、血管形成に対して抑制的に作用していることが示された。一方で生体内では、焼結HAが異物として認識され肉芽組織形成において血管の成熟を抑制している可能性がある。生体材料は、直接的、間接的な作用によって血管形成に影響を与えると考えられた。

塚崎 敬介, 松本歯科大学, 3年生

骨堂跡より出土した歯に関する調査と研究 - 歯種の鑑別および測定 –

某寺院の参道脇の斜面にあったとされる骨堂の発掘調査が2012年5月に行われ、火葬後と思われる人体の一部、貨幣に加え4000本以上の歯が出土した。
現在の日本では死後において火葬が主流となっており、全国地方自治体(市町村)レベルで斎場を運営し、システマティックに埋葬・納骨まで執り行われている(行政の管理下)。しかし、江戸時代以前では火葬できるのは上位階級の限られた人間のみで多くの人間は土葬であった。火葬後と思われる僅かな人骨の一部と共に出土した歯は火葬されていないものがほとんどであった。
なぜ、山中の寺院の骨堂に大量の歯のみ(大部分が非火葬)が埋葬されたのかは不明である。骨堂跡より発見された歯の年代は副葬品から戦国時代末期から江戸時代を含み明治初頭までと推測されている。私たちは出土した4000本以上の歯などを丁寧に鑑別・観察し、どういった集め方をされたのか、歯の持ち主について歯の種別や咬耗・齲蝕、サイズについての調査を通して考察を行った。
まず出土した歯を注意深く洗浄し、歯に付着していた歯石などは極力回収すべく洗浄後の水はフィルターを通し、歯石など回収した。その後、4208本の歯を解剖学的な特徴により鑑別した。さらに2046本の歯について、全長・歯冠長・近遠心径・頬舌径をデジタルノギスで測定した。

松村 茉由子, 日本大学歯学部, 5年生

矯正力が破骨細胞の分化と機能に及ぼす影響

歯科矯正治療による歯の移動は、主に圧迫力と牽引力のメカニカルストレスが歯根膜を介して歯槽骨に伝達されることによって起こる。しかし、矯正治療を行うときに歯および歯周組織に過度なダメージを与えない矯正力を示唆する臨床的な指標はなく、臨床の場において、”適度な”矯正力を与えることは難しい。そこで、矯正力を想定し、圧迫力(CF)と牽引力(TF)を破骨細胞前駆細胞に負荷したときの影響を検討した。
その結果、破骨細胞前駆細胞にはCF負荷の影響がほとんど認められなかった。一方、TF負荷時においては骨の有機質を分解するプロテアーゼの遺伝子発現が増加することが示唆された。これらのことから、CFおよびTFは、破骨細胞前駆細胞に対して異なる影響を及ぼすことが示唆された。
したがって、歯科矯正治療を行う際には、これらの違いを理解し、歯および歯周組織に過度なダメージを及ぼすことがないよう、注意深く矯正力の選択や治療期間の決定を行うことが大切であると考えられた。さらに、今後はこれらの結果を発展させて適度な矯正力の臨床的指標(数値化など)を見つける研究が必要であるといえる。

三宅 真規子, 大阪歯科大学, 5年生

カタツムリに学ぶあたらしい歯科材料のかたち - バイオミメティクスという考え方 –

カタツムリの殻はミクロンオーダーの微細な表面構造を持っており、その特異な表面構造のために、カタツムリの殻は自浄作用をもつことが知られている。本研究では、清掃が簡便な自浄作用をもつ義歯を開発することを最終目的とし、カタツムリ殻の表面構造を付与したレジンの製作を試みた。その結果、カタツムリ殻から採得した印象を用い、重合条件を最適化することで、カタツムリ殻の表面構造を付与したレジンの製作に成功した。同レジンは、カタツムリ本来がもつ水の濡れやすさと油の濡れにくさを有することが明らかとなった。本研究の遂行によって得られた結果をもとに自浄作用をもつ義歯を製作することで、義歯床管理の容易化および口腔内環境の向上が期待される。本研究ではレジン床の表面への応用を想定して検討を行ったものであるが、本技術はレジン歯やレジン系成形修復材などへの転用も可能であることから、さらなる発展が期待できる。

向井 陽子, 鶴見大学歯学部, 5年生

玉ねぎのケルセチンは歯周病原菌に対する殺菌作用がある

日常生活の中で抗菌薬や消毒薬を使うと、副作用や耐性菌の出現が懸念される。天然由来のポリフェノールの一種であるケルセチンは、数種の細菌に対して抗菌性があることが報告されているので、ケルセチンは口腔病原微生物に対しても殺菌作用があるという仮説を立て、殺菌性を調べた。StreptococcusmutansCandida albicansCandida glabrataPorphyromonas gingivalisPrevotella intermediaFusobacter ium nucleatumの被検液に0 – 0.2mg/ml濃度の各ケルセチン希釈液を添加し、MBC(Minimum Bactericidal Concentration)を測定した。その結果からケルセチンはS.mutansC.albicansC.glabrataに対して殺菌作用がないことが明らかになった。P.gingivalisP.intermediaではMBCが0.5mg/mlで、F.nucleatumでは1.0mg/mlであった。次に0 – 50mg/ml濃度のケルセチン希釈液の経時的な殺菌力を測定した。その結果、P.gingivalisF.nucleatumに対し50mg/mlで30 分後に殺菌効果が現れた。P. intermediaは50mg/mlで1時間後に殺菌効果が現れた。以上より、ケルセチンは歯周病菌に対して、殺菌効果があることが分かった。また、30分~1 時間で十分な殺菌効果を示すので、ガムやトローチを開発することが、歯周疾患の予防に役立つと考えられる。

森谷 康人, 北海道大学歯学部, 6年生

活性酸素種(ROS)が血管内皮細胞に及ぼす影響

血管新生は腫瘍の進展・転移に必要不可欠である。腫瘍血管は正常血管に比べ、走行が無秩
序であること、血管内皮細胞とペリサイトの結合が疎であり血管透過性が亢進していることなどがある。また腫瘍血管内皮細胞 (Tumor endothelial cell : TEC)は正常血管内皮細胞(Normal endothelial cell : NEC)と比較して血管内皮増殖因子VEGFの発現が高く生存能が高いこと、血管新生能が高いことなどが報告されてきたが、TECがこれら特異性を獲得するメカニズムは未だ完全には解明されていない。本研究では腫瘍血管の特異性獲得にROSの蓄積が関わっていると考え、ROSの蓄積が血管内皮細胞に及ぼす影響について解析を行なった。その結果、低栄養状態におかれた血管内皮細胞ではROSが蓄積するとともにVEGFの発現が亢進し、オートクライン機構により自らの生存に利用している可能性が示唆された。このことから低栄養状態に陥っている腫瘍微小環境において血管内皮細胞が示す高い生存能、血管新生能の獲得にはROSの蓄積によるVEGFの発現亢進が関与していることが示唆された。

山本 梨乃, 朝日大学歯学部, 5年生

マウスによるジュースの味質弁別と味覚神経応答

味覚障害を訴える患者には味覚そのものではなく、嗅覚に原因がある場合がある。このことは、我々ヒトの意識する味覚は単純な生理学的味覚とは異なり、フレーバーに依存するようである。本研究では、C57BL/6マウスが各種ジュース類を弁別する際の生理学的な味覚への依存度を、味覚嫌悪条件づけを用いて検討した。さらに、各種ジュースには甘味受容器刺激成分がどの程度含まれているのかを、甘味抑制剤を用いて電気生理学的に検討した。その結果、100%オレンジジュースに味覚嫌悪を条件づけられたマウスは、5基本味のうちショ糖のみを忌避し、50%、10%あるいは無果汁のオレンジジュースのみならず、100%グレープジュースや野菜ジュースも忌避した。甘味抑制剤であるプロナーゼE 舌処理前後のマウス鼓索神経応答を比較したところ、0.3Mショ糖応答は81.1%抑制したが、各種ジュース類に対する抑制率は、ショ糖の1/2以下であった。以上の結果から、マウスの飲料水弁別は、ヒトとは異なり、フレーバーよりも生理学的な味質が優先されること、また、飲料水に含まれるそのコンポーネントがさほど大きくなくても十分に弁別できることを明らかにした。

 

カテゴリー: 未分類 タグ:

速報:第19回SCRP日本代表選抜大会

2013 年 8 月 21 日 コメントはありません

2013年8月21日(水),歯科医師会館に於いて,平成25年度(第19回)日本歯科医師会/デンツプライ スチューデント・クリニシャン・リサーチ・プログラムが開催されました.

今年度は22校の参加があり,以下4名が上位入賞されました.

優勝/日本代表 - 臨床部門 第1位:王 碩さん,岡山大学歯学部 4年生 
なぜ煙草をやめると太るのか?

準優勝 – 基礎部門 第1位:坂本 真一さん,広島大学歯学部 6年生
Porphyromonas gingivalis (P.g.) の歯性感染によって非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の病態が増悪する
- 肝臓に到達した P.g.-LPS やP.g. が幹細胞に与える影響 -

臨床部門 第2位:岡部 佑妃子さん,日本歯科大学生命歯学部 5年生
新たに考案した歯肉血流測定法と歯肉マッサージによる血流量の変化

基礎部門 第2位:清水 綾さん,北海道医療大学歯学部 4年生
P.gingivalis由来LPSの長期刺激によるマラッセ上皮細胞のDNAメチル化

 

その他および詳細は,追ってupdate予定です.

取り急ぎ,上位入賞者の情報のみを速報としてお知らせいたします.

【追記】
デンツプライ三金@PressIshiyaku Dent Web医療経済出版株式会社ヒョーロン・ニュースQuintDentalGate岡山大学,による記事等はそれぞれのリンク先をご参照ください.

カテゴリー: 未分類 タグ:

2013年・夏

2013 年 8 月 16 日 コメント 2 件

今年もいよいよ迫ってきました.

第19回日本代表選抜大会が
2013年8月20日(水)に日本歯科医師会館にて行われます.

また,20日(水)の公式プログラム終了後は
新会員を歓迎する懇親会がJDA会館近くにて開催されます.
都内近郊にいらっしゃるOB/OGの方々はぜひご参加ください!!

日時:8月21日(水) 20:00~22:00
場所:Fellows市ヶ谷

詳細については,MLで配信された
[SCADA:000618]をご覧いただくか
CONTACT US から,代表(president)までお気軽にお尋ねください.

カテゴリー: 未分類 タグ:

第18回大会

2013 年 6 月 19 日 コメントはありません

第18回大会 2012年(平成24年)8月17日 参加校22校
タイトルおよび発表内容要旨 (上位入賞者を除き発表者氏名50音順)
※氏名・所属・学年は発表当時

優勝/日本代表 – 基礎部門 第1位:大畑 八重,北海道大学歯学部,6年生

繊維芽細胞は腫瘍微小環境でPTHrPによりCAFへ誘導される

近年、腫瘍をとりまく微小環境が注目を浴びている。腫瘍間質に存在する線維芽細胞c a n c e r -a s s o c i a t e d fi b r o b l a s t s(C A F)は、正常細胞とは異なった形質を発現することが明らかになりつつあり、がん細胞との相互作用の重要性が注目されている。しかし、がん細胞がC A Fを誘導するメカニズムの詳細については未だ不明な点が多く残っている。
我々は、口腔がん細胞株が骨転移の頻度が高い前立腺がん細胞株に比べても高いP T H r P 発現がみられることを明らかにし、P T H r PがC A F 誘導効果をもつのではないかと考え 実験を行った。通常培養ではC A FのマーカーαS M Aの発現がほとんどみられない線維芽細胞を、P T H r P 産生口腔がん細胞上清で培養したところ、増殖活性やαS M Aの発現が亢進することが分かった。さらに線維芽細胞にはP T H r P 受容体の発現が見られ、P T H r P 発現口腔がん細胞によって線維芽細胞のE R Kの活性化が起こることが分かった。以上の結果は、P T H r Pは腫瘍微小環下の線維芽細胞をP T H /P T H r Pレセプターを介したE R Kのリン酸化を介してC A Fに誘導していることが示唆するものであった。

準優勝 – 臨床部門 第1位:八幡 大悟,北海道医療大学歯学部,5年生

ユーグレナを活用した飲むマウスリンスの開発―高齢者と被災者のオーラルケア―

自分自身で歯磨きのできない高齢者等にとって、マウスリンスは有効且つ簡便なオーラルケアの方法である。しかし市販のマウスリンスは合成化学物質を含み、誤飲リスクの高い高齢者等が日常的に使うには極めて危険である。その安全性を実現するため、豊かな栄養素を含み、優れた食料で且つ安全性が確認されているユーグレナを活用し、日常のオーラルケアを可能にすると共に、使用後に飲むことで栄養補給にも役立つマウスリンスの開発を試みた。
ユーグレナ粉末から調整した水溶性画分の、歯周病原性細菌や口腔生体細胞等への影響を検討した結果、歯周病の主要原因菌であるP. g i n g i v a l i s 等を殺菌し、歯周病原因子のジンジパイン活性を抑制した。一方, 歯肉線維芽細胞等の生細胞には影響がなく、炎症性サイトカインの誘導能も認められなかった。更に、同画分を用いた試作マウスリンスは、ヒト口腔内で、歯周病巣から優位に分離されるグラム陰性菌の割合を減少させた。
以上の結果、ユーグレナを活用したマウスリンスは、安全で歯周病の予防に有効であることが示され、高齢者のみならず、飲料水や食料不足の被災者のオーラルケアと栄養補給にも有用であると推定される。

基礎部門 第2位:赤嶺 翠林,広島大学歯学部,5年生

歯周病菌が産生する殺細胞毒の成熟化に必要なものは?

歯周病原性菌の中で殺細胞活性を産生する菌は極めて稀で細胞膨化毒素( C D T )を産生するAggregatibacter actinomycetemcomitans ( A a )はその代表である。C D Tは組織破壊に関与し、A a C D TはA , B , Cのサブユニット構造をとり、形成過程でC d t AからC d t A’へのプロセッシングを経ることが知られている。本研究の目的は、C d t Aのプロセッシングに関わる酵素を明らかにすることである。A a C D T 発現大腸菌の分画により、プロセッシングは膜もしくはペリプラズム画分で起きること、プロテアーゼ阻害剤を用いた実験から、セリンまたはシステインプロテアーゼがプロセッシングに関与する可能性が示唆された。プロテアーゼ遺伝子欠損株を用いた実験より、ペリプラズムおよび外膜に存在する有力なプロテアーゼ候補を得た。更に、プロセッシングを受けたC D T 複合体はより強い細胞傷害性を有することも明らかとなった。以上より、ペリプラズムまたは膜に存在するプロテアーゼがCdtAプロセッシングに関与し、A.aの歯周病原性発揮において重要であり、関与する酵素は、歯周病治療薬の標的となる可能性があると考えられた。

秋田 和也, 徳島大学歯学部, 4年生

歯の喪失は力の要因によって最後臼歯から始まる?

近年、メンテナンスされた歯列において齲蝕、歯周病によって歯が喪失することは少なくなり、歯の破折など力の管理がクローズアップされている。本研究は、「最後臼歯には過大な力が加わりやすく、喪失リスクも高い」という仮説を、文献的考察、疫学的調査、模型実験から検討した。
厚生労働省歯科疾患実態調査の分析から歯の寿命は、上顎では第二大臼歯が、下顎では第一大臼歯が最初に喪失する傾向にあり、相対的に第二大臼歯の喪失が第一大臼歯の喪失に比べて早くなっている傾向が認められた。文献検索では力による歯の喪失に関する論文は臨床報告以外に見いだすことができなかった。疫学的調査では、遊離端欠損のインプラント治療患者において、最大咬合力発現部位は2 9 . 3%が最後方歯冠、5 1 . 7%が最後方歯冠より一歯前であった。模型実験では、第二大臼歯で食品破砕をしたときに、力は第2大臼歯のみに伝達されるのに対して、第一大臼歯では、隣在歯にも力が伝達されることが示された。
第二大臼歯は第一大臼歯よりも過大な力が加わりやすい状況にあり、歯の喪失は最後臼歯から起こる傾向に推移していることが示唆された。

井澤 侑美, 日本大学松戸歯学部, 5年生

市販消臭スプレー及び各種飲料水等の口臭抑制効果について

近年、口臭を主訴として来院する患者さんが増加している。口臭は野菜が腐った臭い、魚の血なまぐさい臭い、トイレの臭いなどと表現されるような悪臭であり、周囲の人に不快感を与える。口臭の原因は、舌苔などいわゆる生理的口臭を引き起こすとされる硫化水素、歯周病に起因するメチルメルカプタン、全身疾患に起因するジメチルサルファイドの3つとされている。口臭を予防するためには、これらの原因を取り除く必要があるが、即座の対応としてスプレータイプの消臭剤が市販されている。しかし、消臭剤の効果について明確に記載されていない。
本研究の目的は市販の消臭スプレーの効果を調べることおよび消臭効果があると言われている各種飲料水等の消臭効果について調べることである。
消臭のために用いた材料は市販消臭スプレー、緑茶、ウーロン茶、ハーブティー(ミント)、レモン果汁、牛乳である。
結果、効果の差はあるものの、市販消臭スプレー、緑茶、ハーブティー、レモン果汁には口臭を消臭する効果が認められた。

応藤 光浩, 神奈川歯科大学, 5年生

安静時唾液と刺激時唾液における抗酸化能評価

【問題点】
唾液は抗酸化作用を有するが、安静時と刺激唾液の抗酸化能評価に関わる報告はこれまで行われていない。
【仮説】
安静時唾液と比較し刺激時唾液は、単位時間あたりの分泌量が多いことが知られているため、安静時唾液よりも抗酸化能が亢進していると考えた。
【方法】
被験者はインフォームドコンセントが得られた健康な男女2 0 名(年齢2 0‐3 0歳、非喫煙者、男性1 4名、女性6名)を対象とし、唾液のサンプル採取を行い、遠心分離機へかけた。その後、電子スピン共鳴(ESR)法を用いて、安静時と刺激時唾液のR O Sであるヒドロキシラジカル、スーパーオキシド消去率、抗酸化酵素であるスパーオキシドディスムターゼ(S O D ) 活性をそれぞれ測定した。
【結果】
ヒドロキラジカル消去率では,両群間で有意差は認められなかった。一方、スーパーオキシド消去率は刺激時唾液において有意に高値を示し、さらにS O D 活性も有意に増加していた。
【結論】
本研究結果により、刺激時唾液のS O D 活性が高いことが示された。また、S O D 活性が高いとき、スーパ-オキシド消去率(抗酸化能)は高いことが示された。

堅田 千裕, 大阪大学歯学部, 4年生

歯質のミクロ構造異方性を考慮した三次元有限要素解析

歯質の破壊現象のメカニズムを理解することは、これらの問題に対する新しい予防法や対策を確立するうえで重要である。これまで三次元有限要素解析により破壊リスクを評価した数多くの研究が行われてきたが、天然歯や修復材料の複層構造が再現されているものの、等方性材料として扱われており、エナメル小柱や象牙細管などの歯質特有の解剖学的特徴に起因する異方性が考慮されていなかった。本研究では、これらのミクロ構造モデルを作製し、異方性を表すX、Y、Z 軸方向の縦弾性係数を均質化解析により求めた後、マクロ構造モデルに対して三次元有限要素解析を行った。X、Y、Z 軸方向の縦弾性係数は、エナメル質が7 . 1 G P a、3 . 9 G P a、3 9 . 8 G P a、象牙質が1 6 . 8 G P a、1 6 . 8 G P a、1 8 . 1 G P aであった。等方性材料と異方性材料で最大主応力分布を比較した結果、エナメル質については、歯頚部で明らかな差異が認められ、象牙質については、異方性材料とした場合に、より歯軸方向に最大主応力が集中する傾向を示した。以上より、三次元有限要素解析における破壊リスク評価には,歯質のミクロ構造に起因する異方性が重要であることが示唆された。

佐藤 萌, 東京医科歯科大学歯学部, 5年生

高速シーケンサーによるゲノム配列決定および比較解析に基づくA群レンサ球菌の病原性獲得機構の解明

口腔には400 – 700種類の細菌が生息し、これらの細菌が要因と考えられる心内膜炎や骨粗鬆症といった全身疾患の発症、糖尿病の悪化、早産児の低出生体重との関連なども報告されている。さらに、口腔細菌の代謝産物が、細菌間でのコミュニケーションやバイオフィルム形成、さらに宿主細胞と相互作用し、炎症応答を引き起こすことなどが判明している。
多くの病原性細菌は、バクテリオファージ(ファージ)を介した遺伝子伝播によって抗生物質耐性や病原性遺伝子を獲得し、病原性を変化させていることがわかっている。しかし、この溶原・溶菌化の制御機構は大腸菌以外ではほぼ未知である。
そこで、口腔の優占種でレンサ球菌属の基準株であり、異なるファージの取り込みにより多様な病態を示すと考えられるA 群レンサ球菌の全ゲノム決定・比較ゲノム解析を行い、ファージの制御因子から病原性獲得機構の解明を試みた。その結果、溶原化を制御する新たな因子として、p r o p h a g e a n t i -r e p r e s s o rを見出した。
本成果は、口腔における病原細菌のそのものの抗生物質による制御のみならず、病原因子の新たな細菌への伝搬を阻害するという新たな創薬開発が可能であることを示している。

四方 教子, 大阪歯科大学, 5年生

生薬系抗菌物質による抗菌性を添加した歯科用材料の研究

本研究では、抗菌義歯の装着による要介護高齢者のQuality Of Life(QOL)向上を最終目的として、抗菌物質を添加した歯科用材料の抗菌性の評価、ならびに、抗菌物質の添加方法について検討を行った。生薬系抗菌物質として、ヒノキチオール、タンニン酸、シノメニン、サポニン、キトサンを用いた。デンチャープラークの主な原因であるカンジタアルビカンスあるいは常在細菌である黄色ブドウ球菌を用いたハローテストによる抗菌性、および、審美性の観点から評価した結果、ヒノキチオールがもっとも優れた抗菌物質であることが明らかとなった。本研究の遂行によって得られた結果をもとに抗菌義歯を開発し、メンテナンスの負荷を低減した抗菌義歯が要介護高齢者に普及することで、食生活の充実によるQ O L 向上が期待される。さらに、義歯装着によって口腔内の菌増殖を抑制できることから、健常な義歯使用者にとっても誤嚥性肺炎のリスクを低減できると期待される。

志渡澤 和奈, 九州歯科大学, 6年生

「元気な子はよく育つ」のマウスiPS細胞を使っての解明

「元気な子はよく育つ」と言われているが、これは科学的にはどのような事を意味するのであろうか? 「元気な」は、活発な事、つまり交感神経が活発に働くこと、「よく育つ」は、成長する事、つまり骨芽細胞による骨形成が活発である事と考えられる。本研究では幹細胞から骨芽細胞への分化過程および骨形成にどのように交感神経から放出されるアドレナリン( A D )が関与するか、マウスi P S 細胞を使って検証した。マウスi P S 細胞をフィーダー細胞上で培養し、T G F -β添加培地で胚様体形成後、骨芽細胞用培地で3週間培養し骨芽細胞に分化させた。R T – P C R 解析で胚様体形成時にA Dレセプターの発現が認められた。また、骨芽細胞用培地にA Dを添加すると、骨形成が促進された。さらに、半定量的R T -P C Rで骨芽細胞の分化を表すR u n x 2の発現もA D 添加で約1 . 5 倍になった。以上の結果より、A Dレセプターは個体分化の早期に発現し、成長の早い段階からA Dの影響を受けていること、また、A Dの添加により骨芽細胞分化と骨形成の促進される事が明らかとなった。従って、交感神経が活発に働く「元気な」状態では、A Dを介して骨の成長を促す事が示された。

滝沢 友里香, 東京歯科大学, 4年生

放射線粘膜炎に対するプロタミンの効果

頭頸部癌の放射線治療後には、唾液腺機能不全や放射線粘膜炎による唾液分泌不全や口腔内の灼熱感を伴うことが多い。対処法としては人工唾液や催唾剤などがあるが治癒を目的として用いられていない場合が多い。低分子プロタミン(L M W P)は細胞障害修復効果のあるアルギニンに富むことから放射線性唾液腺障害により減少した口腔内水分量の回復効果ならびに舌潰瘍に対する治癒効果があると仮定した。9 週齢雌性C 3 H / H e Nマウスを用いて放射線6 G yまたは7 G y( 実効線量)を1日1 回、5日間連続照射を行い、照射終了後1日1 回、5日間L M W P 含有シートを舌根部に貼付した。L M W P適用群(L M W P ( + ))では口腔水分量が回復し、舌潰瘍部はL M W P 非適用群(L M W P ( – ))と比べ減少が認められた。舌粘膜炎初期では有棘細胞層の肥厚が認められ、後期では上皮層の欠落が認められるが、L M W P ( + )では( – )に比べ進行の程度が遅く回復効果がみられた。これらの結果から、L M W Pの口腔粘膜上皮に対する保護効果ならびに唾液分泌の改善効果が認められたことから細胞障害修復効果が示唆され、放射線性唾液腺障害ならびに舌粘膜炎に対して有用であった。

武内 柚香里, 日本歯科大学新潟生命歯学部, 3年生

学内と本学歯科病院におけるPC端末の汚染状況と対策

(問題点)
近年、電子カルテが積極的に導入され、不特定多数の人がコンピューター( P C )を使用する頻度が増加している。その反面P Cによる手指の汚染に対する認識は浅く、M R S Aなどの接触感染の媒体となる可能性が指摘されている。
(仮説)
不特定多数が使用するP C 端末の汚染状況を精査し、各種消毒剤の有効使用により接触感染および院内感染の防止に寄与できる。
(方法)
学内のI Tセンター、本学歯科病院におけるP C 端末の菌を採取する方法としてふき取り法を用いた。拭き取った試料を連続段階希釈し、その希釈液を培地に接種しコロニー計測法で菌数を算出しグラム染色ならびに同定検査を行った。消毒後も同様に行い総菌数を求め比較した。
(結果)
ITセンターの総菌数の平均は335±85個であった。本学歯科病院の総菌数の平均は230±88個であった。総菌数およびブドウ球菌の総菌数に占める比率は各階で差が認められた。いずれの消毒剤でも消毒前に比べ菌数は減少した。一日経過すると消毒前と消毒後ではあまり差が見られなかった。
(結論)
不特定多数の人が使用するP C 端末は細菌汚染が確認され、消毒剤使用後、一日経過すると汚染菌数は元に戻る。PC 端末を常に清潔に保つ条件として毎日1回消毒剤でキーボードを清拭することである。

中尾 寿奈, 鹿児島大学歯学部, 6年生

Low-Intensity Pulsed Ultra Sound (LIPUS)が歯周組織由来細胞に及ぼす影響
-臨床応用への可能性を探る

L I P U S ( L o w – I n t e n s i t y P u l s e d U l t r a S o u n d )は骨の代謝を促進させる効果から骨折治療に用いられている。しかしながら、L I P U Sの炎症性疾患への効用は不明である。
今回口腔内炎症性疾患におけるL I P U Sの臨床応用の可能性を探る目的で、マウス骨芽細胞株MC 3 T 3 -E 1、およびマウスマクロファージ株RAW 264 . 7にLIPUS 刺激(30~120mWcm3)を与え、組織破壊に関与することが知られているM M Ps、そのインヒビターであるT I M P s、および数種類のケモカインのmR N A 発現レベルに対するL I P U Sの影響を、リアルタイムP C Rを用いて解析した。
MC 3T 3-E 1におけるMMP 2の恒常的発現量はLIPUSにより有意に低下した。また、LPS 刺激によって誘導されるケモカイン2種(C X C L 1、C C L 1 0)のL P S 刺激後m R N A 発現レベルも、M C 3 T 3 – E 1のL I P U S 刺激により有意に低下した。これらの結果より、L I P U Sは炎症性疾患である歯周病による組織破壊や無歯顎の経時的骨吸収の予防に有効な可能性があると考えられる。

中島 瑠奈, 朝日大学歯学部, 5年生

口腔がんの診断に応用できる前癌病変マーカーの開発

口腔癌の前癌病変および境界病変の病理組織診断は、主に異型度の有無を中心に診断されているが、これは度重なるW H O 分類による指針の改訂と共にその項目が増えただけで、組織的になされてきたとはいえない。このように基準が曖昧なままであるため、病理医の病理診断基準にも大きな差異が見られる。そこで、口腔癌の前癌病変および境界病変における遺伝子変異と組織型との相関を明らかにし、病理組織診断の診断基準や予後の指標となる新たなマーカーを見出して、上皮異形成や上皮内癌など、外科医や病理医が日常苦慮する症例の客観的な診断基準を確立していきたい。
(1)舌がんモデル動物を用いて、前癌病変に関連する遺伝子の選択を行う。
ラット舌癌モデルにおける発癌感受性遺伝子の検索があり、この背景をヒトと動物モデルとを統合して行う本研究は、E B Mに基づいた今後の口腔癌の治療指針には欠くことの出来ないステップであり、今後、口腔癌および前癌病変の分子・遺伝子診断法および治療法の開発にも寄与することが出来る。
(2)選抜された遺伝子( 予備実験で見出した細胞増殖に関連するR N A 結合タンパク質h n R N P K)を対象に、前癌病変の病理組織や血清における腫瘍マーカーになる抗体の開発を目指す。

中谷 貴恵, 昭和大学歯学部, 4年生

歯周病原細菌の硫化水素産生酵素の解析

口臭は主として、口腔内の剥離上皮や食物残渣、血清中の硫黄を含むアミノ酸を口腔内細菌が分解することによって生じ、その主要な原因物質は、硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなどの揮発性硫化物と総称される物質である。特に、歯周病罹患者の呼気中からの揮発性硫化物検出量が多いことから、口臭の発生に歯周病原細菌が関与すると考えられる。我々は、歯周病原細菌の揮発性硫化物産生酵素が口臭の予防や抑制の重要な標的になると考えた。そこで、本研究では、歯周病原性細菌Prevotella intermedia, Fusobacterium nucleatum, Tannerella forsythiaの硫化水素産生を担うシステイン分解酵素ホモログを見出した。そのO R Fをタンパク質発現ベクターにクローニングし、組換えタンパク質を発現・精製し、酵素学的性質を解析した。その結果、ゲノムデータベースから見出したPI0305,FN0625,TF2783 遺伝子は、システイン分解酵素をコードすることが明らかになった。これらのシステイン分解酵素は、それぞれの菌の硫化水素産生に関与し、口臭の発生原因になっていることが推測された。これらのシステイン分解酵素のアミノ酸配列および酵素学的性質の類似性から、口臭抑制薬開発の有用な標的となる可能性が示唆された。

永島 百合, 鶴見大学歯学部, 5年生

抗菌ペプチドの歯周病に関与するプロテアーゼ阻害作用の検討

ヒト口腔粘膜で産生される抗菌ペプチドは、自然免疫に重要で耐性菌の出現は知られていないが、歯周炎治療への適応や効果は未だ検討されていない。
歯周炎の進行は歯周病原細菌のプロテアーゼだけでなく、歯周組織の炎症性マトリックスプロテアーゼでも促進される。多くのプロテアーゼは活性中心に金属イオンを含む。ヒト唾液腺で産生されるHistatin 5はヒスチジンを豊富に含み、金属イオンに結合する。Defensinはシステインリッチであるので、同様に金属イオンと結合しプロテアーゼ阻害効果を持つという仮説を立てた。
M u r e x i d e 溶液の呈色反応による亜鉛イオンキレート能を市販の合成抗菌ペプチドで検出したところ、各抗菌ペプチドには濃度依存的に認められた。しかしペプチド間で差があり、H i s t a t i n 5はD e f e n s i n s(h B D 2および3)と比較して非常に弱く、 h B D – 3はh B D – 2より強いことが明らかになった。
亜鉛結合に寄与する構造特性を推定するためペプチド構造解析を行ったが、典型的なジンクフィンガー構造などは認められなかった。今後、酵素活性阻害作用を示すかを検討する必要があると思われた。

蜂矢 眞也, 奥羽大学歯学部, 4年生

マウス舌の器官培養を使用した口腔カンジダ症の実験モデル

C. a l b i c a n sに対する抗真菌薬の薬理作用を明らかにするためには、適切な感染実験モデルが必要である。従来のin vivoの感染実験モデルでは、多くの手間を必要とする。そこで、マウスの舌を切除した後に、i n v i t roでその舌を器官培養する実験システムを考えた。
4 週令のメスのI C Rマウスの頸椎を脱臼してから、舌を採取した。採取した舌を2 4 w e l lのプラスチックシャーレのw e l l 内に入れた。そして、各w e l lに1% f e t a l b o v i n e s e r u m(F B S)含有R P M I 1 6 4 0 培養液を1 m lずつ加えた。さらに任意の菌数のC . a l b i c a n sを含有した1 % F B S 含有R P M I 1 6 4 0 培養液を各w e l lに0 . 1 m lずつ加えた。C . a l b i c a n sを含有しない1 % F B S 含有R P M I 1 6 4 0 培養液を各w e l lに加えたものをコントロールとした。3 7 ℃条件下で3日間培養した。
C. a l b icansの接種菌数が1 . 2×1 04と1 . 2×1 03では舌内部に侵入した菌数に大きな変化は認められなかった。しかし、1. 2×1 03では侵入した菌数が大幅に減少した。マウスの舌を器官培養し、そこにC.a l b i c a n sを1×1 04から1×1 05の菌数で接種することで、充分な菌数のC. a l b i c a n sが舌内に侵入することが明らかとなった。

浜田 芽衣, 岡山大学歯学部, 4年生

悪性腫瘍における血球系細胞の関与

生体は自己の恒常性を保つため、生体内に進入した異物を生体外へ排除する機構を備えている。免疫系の細胞は造血幹細胞より種々の血球系細胞に分化し、腫瘍の攻撃などを担うと考えられてきた。しかし近年の研究では、一部の血球系細胞が腫瘍の増殖を促しているとの報告がある。本研究では、ある血球系細胞が腫瘍内微小環境において腫瘍の伸展を助けると考え、腫瘍組織における血球系細胞の役割を解明するため全ての血球系細胞をG F Pで標識した。さらに、腫瘍細胞の転移モデル・原発モデルを作製して血球系細胞の動態を組織学的に検討した。
転移モデルでは、腫瘍細胞が充実性に増殖し、多数のG F P 陽性細胞が認められた。一方、原発モデルでは腫瘍胞巣内に広範な壊死巣が認められ、GFP 陽性細胞数は転移モデルに比べ有意に少なかった。以上のことから、悪性腫瘍におけるG F P 陽性の血球系細胞は、腫瘍胞巣内の血管新生に関与していることが示唆され、悪性腫瘍の増殖を促進した可能性がある。今後、腫瘍胞巣内で見られた血球系細胞の同定を行い、詳細な機能について検討していく必要があると考えられる。

原 弥革力, 松本歯科大学, 4年生

マウス歯髄におけるプロテオグリカン局在の検討

歯髄組織は象牙芽細胞、線維芽細胞、未分化間葉系細胞、血管および神経などからなるヘテロな細胞集団により構成されており、その性状の維持には歯髄の細胞外環境が重要であると推測される。私はプロテオグリカンが歯髄の細胞の分布や性状を規定する細胞外環境要因の1つとして機能していると予想し、プロテオグリカンのグリコサミノグリカン鎖とコアタンパク質の局在を免疫組織学的手法により解析した。その結果、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸およびバーシカンの局在は歯髄中心部に強く認められ、ヘパラン硫酸、パールカンは象牙芽細胞下層に明確な局在が観察された。バーシカンはヒアルロン酸結合部位を持つコンドロイチン硫酸プロテオグリカンであり、歯髄中心部ではバーシカン・ヒアルロン酸複合体が存在することが示唆された。パールカンはヘパラン硫酸プロテオグリカンであり、象牙芽細胞下層のヘパラン硫酸分布はパールカン局在を反映していると考えられる。ヘパラン硫酸は種々の成長因子を保持することが知られており、それにより、象牙芽細胞下層において、象牙芽細胞様細胞への分化や、神経・血管誘導に適した微小環境維持に関与している可能性が考えられた。

松生 理恵子, 日本大学歯学部, 5年生

ワサビによる口腔ケアの有用性

口腔内には,約7 0 0 種類に及ぶ微生物が生息しており、日常的な口腔ケアが欠如するとそのバランスが崩れ、口腔のみならず全身性疾患を引き起こす。Candida a l b I c a n sは高齢者の口腔カンジダ症、そして消化器及び呼吸器系の重篤な真菌感染症の原因菌であり、酵母形から菌糸形への形態変換により病原性を発揮する二形性真菌である。演者はC. a l b i c a n sの増殖ならびに形態変換を阻害する新たな抗菌天然成分を検索し、その抑制機序について検討した。
C. a l b icansに対する抗菌効果を寒天拡散法で検討した結果、広く抗菌成分として用いられているが口腔での使用例のないワサビの抽出物、アリルイソシアネート(A I T C)のジェルが顕著な抗菌効果を示した。A I T Cは臨床応用を想定したレジンプレート付着C. a l b i c a n sの発育および菌糸形変換を抑制した。さらに、C. a l b i cansの菌糸形変換に関与する細胞内シグナル経路の遺伝子発現を抑制し、M A P k i n a s e c a s c a d e のC e k 1タンパクのリン酸化を阻害した。
これらの結果からA I T Cジェルは、口腔内のC. a l b i c a n s 増殖と病原性を抑制することが示唆され、高齢者のカンジダ症の予防、さらにQ O Lの向上に大きく貢献することが期待される。

水嶌 一尊, 新潟大学歯学部, 5年生

食物の認知が咀嚼運動に及ぼす影響

超高齢社会を迎え、食事介助を必要とする要介護高齢者が増加している。四肢の運動や咀嚼・嚥下機能に障害のある要介護者の食事介助では、食物の素材がわからなくなるほどに調理された食物を介助者がスプーンで直接要介護者の口腔内に運ぶという方法が一般的に行われているが、この方法では咀嚼前の食物の認知が十分に行われない状態で咀嚼・嚥下を行うことになる。私たちは同じ食材であっても、それが何であるか認知した状態とそうでない状態では咀嚼運動は異なるのではないかと考え、ゆでたエリンギ、タコ、鶏肉を試験食材に用いて咀嚼開始から嚥下までに要する時間(T M T)、食物の取り込みから臼歯部でのリズミカルな咀嚼が開始されるまでの時間(F T T)、咀嚼回数、咀嚼リズムの安定性を指標としてこの仮説を検証した。全ての食材で咀嚼前の食物認知が伴わない場合のT M Tはそうでない場合よりも有意に長かった。また、複数の食材で咀嚼回数、咀嚼リズムの安定性も咀嚼前の食物認知が伴わない場合とそうでない場合との間に有意さが認められた。このことは口腔摂取前の食物の認知はその後の咀嚼運動を円滑に行うために寄与していることを示唆している。

柳瀬 絵見, 長崎大学歯学部, 3年生

歯周病原性細菌Porphyromonas gingivalisのジペプチド産生レパートリーと担当ペプチダーゼの解明

P. g i n g i v a l i sは糖非発酵性細菌で、ジペプチジルペプチダーゼ( D P P )を含むプロテアーゼによってペプチドを分解し、生成ジペプチドを主に取込み栄養源として利用している。これまでP r o 特異的D P P I Vと疎水性アミノ酸特異的D P P 7が報告されていたが、昨年新たに酸性アミノ酸特異的D P P 1 1が発見され、またこれまで一種類の細菌でしか報告されていなかったD P P I I I 遺伝子の存在がゲノム解析より推定された。本研究ではP. gingi val i sのジペプチド産生レパートリーと担当ペプチダーゼを明らかにすべく4 種類の組換えD P Pを大腸菌発現系で発現し、そのジペプチド産生レパートリーを野生株( A T C C 3 3 2 7 7 )、各種D P P 欠損株、及びジンジパイン完全欠損株( K D P 1 3 6 ) 体のそれと比較検討した。D P P I I I、I V、7、1 1はそれぞれR R -、G P -、M L -、L D – M C Aを最適基質とすること、D P P 7は広範な基質特異性を有しP 1と共にP 2 位置(N 末)にも疎水性アミノ酸を好むことを発見した。また、R R – M C AはK D P 1 3 6では分解されないことから、A r g -ジンジパインがR R 分解を担当し、D P P I I Iは菌体表面ではなく細胞質に存在することが示唆された。以上の結果から、P. g i n g i v a l i sは3 種のD P PとA r g 及びL y sジンジパインにより多様なジペプチド産生能を有することが明らかとなった。

 

カテゴリー: 未分類 タグ:

JADS2012:SCADA-Japan会員の発表

2012 年 11 月 8 日 コメントはありません

明日から三日間の日程で開催される第22回日本歯科医学会総会において,SCADA-Japan会員からも多くの発表が行われます.

歯科医師によるポスターセッションだけでなく,学部生によるデンタル・スチューデント・プレゼンテーション(DSP)もあり,盛りだくさんです.

SCADA-Japan会員の発表のみをまとめましたので,画像をクリックしてPDFでご覧ください.

学会へご参加される皆さんは,ぜひ発表会場へも足をお運びください!

カテゴリー: 未分類 タグ: